沿革

HISTORY

昭和36年   8月 電気炉の製造及び各種金属材料の熱処理炉の製造及び販買を目的として、 東京都北多摩郡狛江町に国際熱処理工業株式会社(資本金5,000千円)を設立
昭和41年 11月 本社を東京都西多摩郡羽村町に移転
昭和42年  5月 「遠赤外線放射加熱装置」を開発し、43年開催のU.I.E(国際電熱会議)で発表
昭和43年 11月 事業の拡大に伴い資本金を20,000千円に増資
昭和44年  6月 東京都青梅市に青梅工場開設及び東京都港区虎ノ門に東京事務所開設
昭和45年 12月 国際電工株式会社に社名変更
昭和48年   4月 大阪府大阪市南区に大阪営業所開設
昭和56年  6月 本社を東京都西多摩郡羽村町五ノ神に移転
10月 資本金を50,000千円に増資
昭和58年  9月 本社を東京都立川市栄町に移転
株式会社デンコーに社名変更
12月 資本金を80,000千円に増資
昭和60年 11月 資本金を120,000千円に増資
昭和61年 11月 資本金を165,000千円に増資
昭和62年  1月 資本金を198,000千円に増資
8月 STN-LCD用「液晶用ウォーキング・ビーム炉」を開発し、製造・販売を開始
昭和63年 10月 本社を東京都青梅市今井に移転
平成元年  4月 「遠赤外線超高速焼成炉」を開発し、製造・販売を開始
平成 4年  4月 東京営業所を東京都杉並区高円寺に移転
8月 TFT-LCD用「多段式枚葉ガラス基板焼成炉」を開発し、製造・販売を開始
平成 5年  9月 「遠赤外線温熱治療器」及び「業務用治療器」の量産製造・販売を開始
平成12年  3月 東京営業所を東京都中野区中野に移転し、営業本部に改組
平成14年  8月 東京都青梅市新町に液晶装置製造の専門工場を開設
平成15年  1月 品質管理システムに関する国際規格「ISO9001」認証取得
平成16年 12月 資本金を398,000千円に増資
平成20年  3月 熱間プレス前加熱炉を開発し、製造・販売を開始
平成21年  4月 社団法人 日本鍛造協会 賛助会員に加入
平成21年  6月 営業本部を本社に集約
平成22年  4月 大阪府堺市に大阪支店開設
平成23年  4月 ワイエイシイ株式会社による株式取得により連結子会社となる
平成23年  6月 東京都立川市に営業部移転
11月 大阪府大阪市に大阪支店移転
平成24年  1月 株式会社ワイエイシイデンコーに社名変更
平成25年  2月 営業部を本社に移転